お知らせ

July,1,2014

7月から当店は営業時間が変更になります
7時〜3時
土曜日は0時まで
どうぞよろしくお願い申し上げます

Nov,3,2013

早いものでもう11月です
今月は無休で営業になります
ただ、日曜とフランスに行っている間は
スタッフが開けておりますので
フードなど出来ないものはあることを
どうぞご了承くださいませ

June,8,2013

6月の13日で当店は8周年になります
特別メニューとして牛肉のギネス煮込みや
モッツァレラのカプレーゼその他
ワインはエリックタイエのグランMを8000円など
特別サービス価格を多数ご用意して
皆様のお越しをお待ち申しております

April,4,2013

昨年から始めた今月のおすすめワイン
5500円のJazz a GoGoシリーズも好評ではや一年経ちました
四月はボルドーのソーヴィニヨンブランやローヌの赤など
またシャンパーニュのポルロジェを特別価格の10000円で提供しています
どうぞよろしくお願い申し上げます

July,11,2012

7月29日(日)にワイン会を開催します
今回は三種のワインに数種の料理をつけ
それに沖縄のジャムをあわせるという企画です
どうぞお気軽にご参加いただきたく存じます

18時より、料金は5000円税込みです
ご予約はお電話やメールでお願いします


July,7,2012

7月のお休みがまだ変更する可能性があります
どうぞご了承ください

June,5,2012 7周年

おかげさまをもちまして6月13日で当店は7周年となります
イベントというほどのものではないですが
特別価格のおすすめワインをご用意しております
特に、シャンパーニュのアンリオを1万円と
サービスしておりますのでこの機会に是非お試しくださいませ


Apr,5,2012 春のおすすめワイン


春のイメージ、そして飲み頃のおすすめワインを気軽に
飲んでいただきたく、サービス価格で提供しています
シャブリ、ムルソーから熟成ボルドーなどなど当店らしいセレクト
5,500円〜8,000円です、本数は限りがございます
どれも私が値段以上の満足と思うものばかりですので是非

March,8,2012 沖縄のジャム

沖縄のなきじんという村の上質な素材を使ったジャムがありまして
当店でも気に入って色々試作などしています
現在メニューにあるのはアップルマンゴーをクラッカーと
クリームチーズにのせ、黒胡椒を挽いただけの簡単なオードブルですが
素材の良さが引き立って絶妙な一品です

私はアセロラが気に入っていて、鶏料理との相性はとても良いですね
ハイビスカスなどドリンクにしても美味しいし
当店で発注するときに一緒でよければ配送料かからず
店で受け取り可なので、試してみたい方は是非おっしゃってください

Nov,15,2011 ボジョレーヌーヴォー

今まで扱わなかったヌーヴォーですが、昨年現地に見に行った事もあり
今年は扱ってみます
リエットかモンドールとグラスのテイスティングセットで1000円です
その他合いそうなチーズもご用意します

July,27,2011 ワイン会開催

8月7日(日)ワイン会を開催します
テーマは「パンとチーズのマリアージュ」
今回はドリンク別になっておりまして
会費は2,100円(税込み)ノーチャージです
是非お気軽にご参加ください!
お問い合わせ、ご予約はメールやお電話にて

July,23,2011 本牧ジャズ祭

昨年開催できなかった本牧ジャズ祭が今年は開催されます
横浜市民が作るお祭り、当店もチケット販売しておりますので
是非みなさまもご参加ください
野外で酒を飲みながらライブを観るのは楽しいですよ
8月28日(日) 前売り4000円


May,16,2011 春のワインセミナー

暖かくなってスパークリングが美味しくなり、旬のシェーブルチーズも
美味しくなりました
この両者はマリアージュもとても良く、是非ご紹介したいと思い
ワイン会を開催します

春のワインセミナー
テーマ スパークリングと旬のシェーブルチーズ
日時 5月29日(日) 18時〜
会費 5000円

ご予約はお気軽にメールやお電話でどうぞ!

Jan,13,2011 新年

今更ですが、新年あけましておめでとうございます
今年も精一杯頑張りますので
どうぞよろしくお願いします

Dec,16,2010 クリスマス

今年のクリスマスは22日〜25日まで、ご来店のお客様に
ウエルカムスパークリングとシュトーレンのサービスをいたします


Oct,18,2010 フランス研修

11月18日から25日までの間
フランスに研修旅行のためお休みいただきます
ご迷惑をおかけしますが
しっかり勉強して参りますので
よろしくご了承くださいませ
今回は5年ぶりのボーヌです



June,25,2010 余市

6月26日(土)から28日(月)まで三連休をいただきます
余市蒸留所に見学に行って参ります
初の北海道、少々スケジュールはきついですが
色々勉強してきますのでよろしくご了承くださいませ

June,1,2010 5周年

何かと忙しかった5月も終わり、6月です
おかげさまを持ちまして6月13日で当店は5周年になります
無事周年を終えられるよう頑張ります
そして月の後半には三日ほどお休みをいただき
北海道まで、余市のウイスキー工場見学に行って参ります
初の北海道、楽しみにしております

Dec,12,2009 クリスマス

間もなくクリスマス、今年はシャンパーニュフェアで
ジョゼミッシェルをピックアップします

ピノムニエ主体で優雅なシャンパーニュを特別価格にてご提供
(12月18日〜25日)

Jose Michel
グラス 1,200円
ハーフボトル 4,500円
フルボトル 7000円

また、1980年のポートワインも入荷しました
Calem 1980 1,200円/グラス


Nov,26,2009 モンドールの会予告

昨年ご好評いただきましたモンドールの会
今年も開催いたします
冬のチーズ、モンドールとそれに合わせたワインを楽しみましょう
皆様のご参加お待ち申しております

12月6日(日) 18:00〜
会費 5000円(税、サ込み)
ご予約はメール、電話、店頭にて承ります

Oct,21,2009 テイスティング会番外編

テイスティング会の番外編として、日本酒とチーズのマリアージュを
テーマとした会を行います
とあるチーズを食べたとき、これは日本酒に合いそうだなと思ったのがきっかけで
丁度泉橋酒造を訪ねたこともあり、開催を決意しました
ご興味のある方は是非ご参加下さいませ

11月1日(日) 18:00〜
会費4,000円(チャージ、税込み)


Oct,2,2009 秋

10月になり、すっかり気分は秋ですね
ルジャズも秋を意識したメニューを取り入れていきます
白一辺倒だった夏より、赤ワインが出てきますが
プティ カッサーニュというニームのワインが今お気に入りで
ハウスとして使っていますが、人気あります
スパイシーさと果実味たっぷりの飲みやすいワイン

チーズは少し前からエポワスがとても良くて、最近は
常備するようにしています
付け合せもヘーゼルナッツやイチヂクなどでプラトゥを
秋っぽい雰囲気に
きれいな葉っぱを拾ったらそれも使いたいですね

July,29,2009 本牧jazz祭

本牧jazz祭のチケット扱っております
8月30日(日)
今年も参加しますので、皆様も是非ご一緒に
ご予約、ご質問は電話かメール、店頭でどうぞ

June,25,2009 モバイル用カレンダー

携帯電話で閲覧できる当店の営業カレンダーがございます
いつでもチェックできるスグレモノ、どうぞご利用下さいませ
http://barlejazz.com/schedule.cgi?mode=mobile

June,8,2009 四種のロックフォール

6/8から、四周年ウイークということで(勝手にですが)
その企画の第一弾、四種類のロックフォール食べ比べというメニュー
をやります
今までもたまにロックフォール以外のブルーも出してはいますが
やはり比べてしまうとロックフォールの偉大さが際立ってしまう気がして
次第にロックフォール一辺倒に・・・
それでは作り手の違いを楽しんでみては、というのがこの企画です
ただ、当然その時の状態や個体差があるので
それがそのまま作り手の良し悪しではないことをご了承ください

May,14,2009 オランジェット入荷

シロップに漬けたオレンジピールをチョコレートでコーティングした
オランジェットを入荷しました
ベルギーのpetit Jean de Bruxelles製。一般小売していないので
無名かと思いますがチョコレートの質も高く、モルトやブランデーなどに
大変おすすめな一品です
ベルギー産オランジェット¥700(小) ¥1,000(大)


Mar,23,2009 春のワイン会報告

昨日22日、第二回ワインセミナーを無事終了しました
写真などはブログにアップしますが、今回は
花見にこんな組み合わせはどうでしょう?というセレクトを
おすすめしつつ、シャンパーニュの勉強をするという趣旨でした

ちょっとチーズの量を欲張ってしまったり、シャンパーニュの勉強が
難しかったかな?と反省もありますが、参加した皆様に
何かしら得る物があれば幸いです

今回のチーズ
さくら(共働学舎、北海道)
サントモール(仏)
ゴルゴンゾーラマスカルポーネ(伊)

今回のワイン
ワイングート ヴィニンガー ゲミシュター サッツ(オーストリア白)
ピオロ ブリュット ロゼ(シャンパーニュ)
おまけ、ポールジローのグレープジュース

Mar,3,2009 春のワイン会

第二回ワインセミナーとして、春のワイン会を開催します
限定の国産チーズや伝統の足踏み式で作られるロゼシャンパーニュなど
美味しいワインとチーズのマリアージュを楽しんで、ついでに
少しお勉強してしまいましょう

日時:3月22日(日) 18:00〜
会費:5,000円(税込み)テキスト有り
定員:8名様まで
ご予約:メール、お電話、店頭などで承ります

ご参加、お待ちしております

Feb,13,2009 ワインリスト

すいません、ワインリストがかなり流動的に変わっておりまして、
Hp上でも、店用メニューでも追いついていません。
色々と面白い物は入っていますが回転が速いため
常時在庫というわけにいっていないのが原因です
どうぞご了承くださいませ

Jan,8,2009 新年

あけましておめでとうございます
今年も一層努力してより良いお店にしていく所存ですので
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます

新年最初のインフォは、新シガーリストを掲載しておきます
横浜のシガーも吸えるバーとしての需要も多くなって参りましたので

シガーリスト 1/8現在

コイーバ       シグロ2 2300yen

モンテクリスト    NO2  2200yen   
           ぺティエドムンド 1500yen

パルタガス      プレジデント 1800yen
           セリーD NO4 2000yen
           デラックス 1100yen

ホヨードモントレー  ペティロブスト 1300yen
           エピキュア NO2 1900yen

ロメオ Y フリエタ  チャーチル 2700yen
           ショートチャーチル 1700yen

サンルイレイ     レジオス 1500yen
           
サンチョパンサ    ベリコソ 1800yen
           ノンプレス 1000yen
ボリバー       ベリコソ 1800yen

パンチ        ロイヤルセレクションNO12 1400yen
アップマン      ペティコロナス 1200yen
ラモンアロネス    Spセレクテッド 1700yen
レイデルムンド    シュワスプリーム 1600yen
ダビドフ       1000 1600yen
           グランクリュNO3 2300yen

Dec,19,2008 あとわずかで

今年もはや残り二週間です、先週から当店も忙しくなって来ましたが
体調も良好で、このまま大晦日まで突っ走ろうと思います

正月は1,2日だけお休みいただき、三日から営業します
カウントダウンには何か面白いシャンパーニュでもあけちゃおうかなと
思ってますが・・・内容は考え中

Nov,14,2008 モンドールを食べる会

 今までワインセミナーをやって欲しいというご要望を頂いておりましたが、
この度第一回のワインセミナーにあたる、「モンドールを食べる会」を開催します
セミナーというとお堅い感じがするので、テーマを決めて美味しく食べ、飲み、
楽しんでもらえれば何よりと思っております

 内容は、旬のモンドールチーズと副菜、(後半はフォンドールという
フォンデュのような料理にします)
それにあわせて白、赤ワインをそれぞれご用意します
冬のチーズ、モンドールの魅力と、マリアージュを楽しんでいただければ幸いです
一応テキストも書きます

ルジャズ ワインセミナー第一回 「モンドールを食べる会」

日時:12月7日(日) 19:00〜
定員:8名様
内容:モンドール、副菜、白、赤ワイン各一種、テキスト
会費:5,000円(税込み)

*予約制 ご予約はメール、電話、来店等
     皆様のご連絡お待ち申しております


Sep,30,2008 モヒート終了

 この夏は白ワイン祭りでした。私も相当いただき、また、お客様にも
白ワイン(含シャンパーニュ)の楽しさを知っていただく機会があり大変
嬉しく思います。

そしてモヒートが大人気の夏でもありました。
色々昨年から改良した甲斐もあってかこちらも喜ばしいことです。
九月になり急に涼しくなってミントは例年より早く終わりました
残念ながら来年暖かくなるまでお預けですが、それがまた
四季のある二本ならではの良さかも知れませんね。

冬には冬のカクテル、考えてる事はあるので、どうぞお楽しみに。

Sep,2,2008 9月になり

夏の気分も終わりです
新着ワイン、フードメニュー、そして
イタリアの生ハム、クラッチャも週末までには届きます
ちょっと夏ボケの頭を切り替えて
秋冬に向け、バリバリ仕事していきます

ちなみにシガーはキャビネットセレクションの
ポルララナーガとパルタガスが限定で入り、
非常に評判良いです

Aug,16,2008 お盆真っ只中ですが

ワイン、チーズ、シガーと到着しています。
お盆なので入荷を控えていたのが意外に今週はけた結果です
特にチーズは昨日でほとんどカラになってしまい、今日届いて
一安心というところ。

シャブリ地区エリアにあるヴェズレイという白ワイン産地のシェーブルチーズ、
ヴェズレイ、これはシャルドネに合わせてどうぞ、他にも
今人気の白ワインに合うチーズがいくつか、
アロームドリヨンはマールの絞り粕をつけたチーズ、白でもブルゴーニュの赤でもOK。
スペインからはアルロメロ、これは羊のミルクでローズマリーをつけた爽やかな味。
同じくスペインのスモークチーズ、サンシモンはウイスキーにも合いそうですね。
ロックフォールはこの時期ベストでない事もあり、今回入荷は
ブルー デュ ヴェルコール サスナージュ。ローヌの青かびチーズです。

白ワインはブルゴーニュから新着、シルヴァンパタイユ。これはお手ごろにして
大変気に入っているおすすめワイン。そしてソーヴィニヨンのプイイフュメも
入荷しました、こちらもおすすめです。

Aug,2,2008 アードベッグ

最近ラインナップを増やしているアードベッグ
アイラ島のモルトウイスキーですが、基本の10年は個人的にも好きな
良く出来ているウイスキーかと思います

当店には10年の他、スティルヤングと限定品のルネッサンスがあります
どちらも熟成期間は10年、しっかりピーティな香りと共に甘味もあります
熟成期間を変えてラインナップするのでなく、同じ期間で出すのが面白いですね

共に¥1,500/shot  ご希望あれば二種、三種飲み比べセット承ります


July,21,2008 夏になりました

今日は夏の野菜でピクルスを漬けました、ズッキーニ、カブ、パプリカ
クローブを少し強めにしてみたが、味見は明日以降。
きゅうりやオクラ、トマトなど、夏は野菜が食べたくなりますね。

夏のカクテルはというと、当店ではモヒートが一番人気。
昨年とバージョンを変え、より美味しくなったと自負しております。
自家製ミントを摘んでくるので、一日の杯数は限定になってしまいますが。

シガーとも合うカクテルですね、シガーといえば来月からキューバ産シガーが
一部値上がりします、特にコイーバはちょっと痛いなあ・・・
幸い当店おすすめのサンルイレイレジオスやロメオショートチャーチルなど
わりと据え置きの物もあるのでまだまだ大丈夫です

July,15,2008 最新のチーズ到着7月

マーティ家が自分の羊のミルクのみで作るルエルドブルビ マーティは
なかなかレアなチーズ、その他アルプスのアッペンツェラーや
完熟のスーマントラン、これはブルゴーニュのウオッシュでエポワスに
似た感じでとろとろです。
山羊はカタル、これは周りに灰をまぶしたチーズ


June,25,2008 最新のチーズ到着

気付けば三周年も無事終わり、チーズもすっかりなくなっていました
おいしそうな新着が届きましたので紹介します

ブルゴーニュからはシャンパンやピノノワールに良く合う人気のシャウルス、
クレムの非常に高いクリーミーなとろける口どけ。

アルザスからはマンステールをゲヴルツトラミネールのマールでウオッシュした
アンジ。大変濃厚でエポワスに負けない個性です

珍しくスペインから二種、
ヴァルデオンはかえでの葉で包んだ青カビチーズ、そして
イディアサバルはバスク地方の羊乳のチーズ
どちらも是非お試しください

さらにアルプスのボーフォールは山小屋で夏に作られるチーズで、山のチーズは
一番牛のミルクが美味しい時に作る手作りなのでちょっと感動的な
美味しさがあります。工場製とは違いますよ

June,8,2008 三周年メニュー


ローズマリーとオレンジ風味のオリーブ
殻つきへーゼルナッツ
和牛スネ肉の赤ワイン煮込み
フレッシュシェーブルと新にんじんのサラダ仕立て
熟成生ハム”クラテルロ”

10日の火曜からスタートできる予定です


June,5,2008 三周年

無事ボルドーから帰国しまして、来週の三周年のために
早速準備に精を出しています。

チーズは色々とおすすめが今週末には入荷しますが
特に完熟のエポワスとパルメジャーノレッジャーノの四年熟成は特に
楽しみな逸品となるでしょう。

煮込みは和牛スネ肉の赤ワイン煮込みを仕込みます、
どうぞ美味しい時間をお過ごしくださいますよう
お待ち申しております

May,24,2008 渡仏

5/26より6/2まで、渡仏のためお休みいただきます。
今回はボルドーへ、食、ワイン、色々肌で感じて勉強してきますので
皆様にはご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いします。

向こうでのネット環境が良好ならばブログをアップできると思いますが
何ともはっきりしたことは申せませんのでご了承を。

それでは、三年ぶりのフランス、行ってきます!


Apr,15,2008 最近のシガー

すっかりシガーを楽しむ方も増えた当店ですが
食事の方がいらしたりすれば、遠慮していただきますし
喫煙、非喫煙、どちらもうまく共存して楽しめるよう
マナーと少しの気遣いを願うものです

シガーあると迷惑でしょうと最初の頃特に言われましたが
タバコを吸わない私で言えば、実はタバコの方が不快な香り成分が強く
また、周りにお断りしてシガーを吸う方が多いのに対し
となりでパスタを召し上がっていても平気でタバコに火をつける方も
いらっしゃいます

吸う方、吸わない方それぞれ言い分があるのだと思いますが
バーはパブリックな場所なので皆さんがあまねく楽しめるよう
私も努力していますので、どうぞご協力お願いします

最近、お気に入りのシガーなのですが
サンルイレイ レジオス \1,500
ミディアムといいますか、あまり重たくなく
香ばしく華やかな香り、私好みですね 30分くらいでしょうか
味はともあれ、パルタガスの大きいのを吸ったりすると、
私には途中できつくなってしまうのです

Mar,27,2008 春のワイン更新

本日一部のワインが入荷され、全体的に少々リストが更新されました。
四月にはブルゴーニュの赤と、ソーヴィニヨンなどの白が更に
入荷される予定です。

最近は白を飲まれる方も増えていますが、今回入ったリュリーも
大変良いワインだと思います。

リュリーは、あまり聞きなれないかも知れませんが、地区で言うと
コート シャロネーズといいまして、ブルゴーニュのコートドボーヌから
さらに南に少々下ったあたりです。
まあ、ブルゴーニュの一種と考えて私は問題ないと思いますが、
葡萄は当然シャルドネです

プイイフュイッセのマコネ地区ともども、どうしても格下に見られがちな
気がしますがなかなかどうして、大変美味しいワインが手ごろに飲めたりして
友達になっておくと良いワイン達がある地区なのですよ。

Mar,12,2008 週末に向け

明日か、遅くとも明後日金曜には久々に
イタリアの生ハム クラッチャが届きます。
届いた直後が一番美味しいので、皆様どうぞお楽しみに。

そして本日、チーズも新着が届き、一新しました。
まだ自身で味見していませんが、コルシカ島の羊チーズ、その名もコルシカ、
ベルギーに近い修道院で作られるウオッシュのマロワル、
山羊のミルクを使ったウオッシュチーズなどなど、バラエティある
顔ぶれです

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

また、ワインが入れ替わりの多い時期で、リストがかなり変更あり
追いつかないことをお詫びいたします、
春向けに美味しい白を、今日も試飲会に行ってチェックしてきました
どうぞご期待を

Mar,2,2008 フォアローゼス

ついに寒い二月が終わり、三月になりました
庭の梅も満開まではいかずとも、きれいに咲きました

昨日面白いお酒が入荷されました
フォアローゼス スモールバッチ \1,800/shot
ケンタッキー州のみでリリースされている限定品で、
選ばれた樽の原酒のみを使いブレンドされたものです。

ちょっと高いのですが、上品な甘味とまろやかな飲み応え
大変上質なバーボンで、充分楽しんでいただける逸品かと思います

春のフードは第一弾 定番ですが菜の花のぺペロンチーノ。
煮込みは、とろけるお肉の特製ビーフシチューがございます

Feb,18,2008 山羊

寒い中にも春の息吹が感じられる今日この頃
新着チーズが入りましたが、
本当に新鮮な山羊のチーズが美味しいです
保存が難しいものゆえ、早く食べてもらいたいですが
口当たりの上品さ、ほのかな酸味とミルクの甘味
よろしくない状態のもので、山羊のチーズは臭いと
刷り込まれてしまった方は実にもったいないと思います。

ウオッシュのスーマントランも入荷、良い状態です

Feb,10,2008 二月

今年の冬は、寒いですね
昨日も雪がちらつき、すぐに止みましたが天気予報が
大仰なせいか、寂しい営業になってしまいました。

冬だから寒いのはいいんですが・・冬暖かい方が不気味だし
そろそろ暖かくなっていいなと思いますね。
寒さに強い私も、春が待ち遠しいです。

最近はワインを飲まれる方が多いですが、久々にグラスで使った
ティエリーピュズラのヴヴレイ、そしてトゥーレーヌが意外な
評判の良さで、個人的にも最近のロワールは注目かなと見ています。

冬の白、結構おすすめですよ。

Jan,16,2008 初荷フロマージュ

気が付いたら年明けて更新していませんでした
昨年のチーズを一掃し、初荷に入れ替えました。

冬が本番という感じですが、
コルシカあたりの羊のチーズが出始めると
春の息吹を感じさせてくれます

今回特に美味しく感じたのは羊乳による、オッソイラティー
セミハードのくらいの硬さで、やさしく香り高く、癒してくれる味わい
そしてコルシカの羊乳によるウオッシュ、ウ ベル フィウリツ

冬から春へ、チーズでも旬を感じることができるんですよ

Dec,27,2007 年越し間近

無事クリスマスも終わり
最早今年も数えるばかり
風邪でダウンすることもなく
カウントダウンを迎えられそうです

大晦日は毎年恒例、何故かle jazzはle rockになります
良かったことも悪かったことも全て酒と笑いに流して、
楽しく、また、心新たに新年を迎えましょう

是非遊びにいらしてくださいね


Dec,15,2007 クリスマスのメニュー2

今日、イタリアより美味しい生ハムが届きます
新鮮なうちに是非召し上がってください。

今週より更にデザートワインも充実、
シャプティエのリヴザルト、ソーテルヌのシャトーリュ-セックのセカンド(貴腐ワイン)
1980年 サンデマン ヴィンテージポートなど、グラスで楽しんでいただけます。

Dec,12,2007 クリスマスのメニュー

着々と、仕込んでいます。
毎日、料理人になったようです。

登場予定のものを少々紹介しますと

牛ほほ肉のブッフブルギニョン
エスカルゴ ブルゴーニュ風
イタリア生ハム クラッチャ
旬のチーズ モンドール
自家製ミートソースのタリアテッレ
シャンパンのリゾット
などなど・・・

パスタはまだ試作中の物があるので、これから
確定して行きます

Nov,28,2007 シガーリスト

最近はすっかりシガーの魅力にはまり、休日に一本持ってバーで吸う時間が
至福です。
ただ元々タバコは吸わず、現在もタバコは好きでないので、吸うのは遅いし
大きいサイズはtoo muchです。

ダビドフが好きですが、今は色々と試してみようと思っています。

最近店に用意しているシガーは

コイーバ シグロ1  \1,500
     ロブスト \3,000

ダビドフ 1000 \1,400
          2000 \2,000

パンチ パンチパンチ \1,600
       ペティコロナス デル パンチ \1,200

パルタガス デラックス \1,000
           セリーD NO4 \1,900

モンテクリスト NO2 \2,000
               ペティエドムンド \1,500

ロメオyフリエタ チャーチルズ \2,600
                ショートチャーチル \1,700

ホヨー ド モントレー ペティロブスト \1,200
                      エピキュア NO2 \1,800

サンチョパンザ ベリコソス \1,800

ボリバー ペティコロナス \1,200

というところです。入れ替えもありますが。
後は、クラブサイズ(タバコくらいの物)も御座います(\200前後)

興味ある方は初めてでも遠慮なくご質問下さい


Nov,15,2007 チーズリスト

週末に向け、新着チーズ届きました。

フレッシュなので少量ですが、マコン地区で作られるシェーブルチーズ、農家製マコネ
及びそのフレッシュタイプであるカブリフレが到着しました。
白ワイン、特にシャルドネと合わせて美味しいです。
そういえばその近辺の郊外(田舎?)を歩いていて、山羊牧場があり、
自家製シェーブルの直売を見かけたりしたのを覚えています。

他にマールウオッシュのラングルは完熟、また、チーズを使った料理にも
これからは挑戦していきます。
第一弾はパンチェッタとグリュイエールのピザ タルトフランベ風 \1,200


oct,11,2007 新着のお酒

久々にモルトが入荷。エクスクルーシブモルツのラフロイグ11年53.7% ¥1,800
美味しいですね、鮮烈なピートと同時に甘さも感じる味わい。
ラベルも非常にきれいです。

また、珍しいところで、カルヴァドスのデュポンが造る、ギブレ 2006
(フランス語ではそう発音しないと思う)
簡単に説明すればシードルで作ったアイスワインです、上品で美味しい!
限定なので少量です。

Sep,17,2007 クチェッロ

イタリアから、生ハムの上級品といえるモモの根元の肉を使った
クチェッロが届きました。
まだ冷凍もせず、そのままの美味しさ。脂はとろけるようです。
早いほど美味しいので是非お早めにご賞味くださいませ。

Sep,6,2007 weekend special

丁度台風が来てしまいましたが明日からの週末に向け、仕入れ仕込みが
一段落しました。

お気に入りの手作りソーセージの店からは人気の豚ロースハーブ漬け、
シュベンクブラーテン再入荷。そして今回は牛100%のソーセージを入荷。

煮込みは豚バラのトマト煮込み、お客様のリクエストにより久々に
作った自家製レーズンバターも御座います。

Sep,5,2007 Bulleit

 いつに間にやら8月も終わり、9月に入ると夏が去ってしまったなと
いつもどこか寂しい気持ちになります。
多分自分にとって一番、時の流れを感じるのが夏の終わりなんでしょう。

 さて、此処最近はすっかりカクテルが増えましたが、私は相変わらず
スタンダードを追求するばかりです。
この夏はアメリカーノとクオーターデッキがマイブームでした。

 今日は新着のバーボンを紹介します、ブレット。(写真はブログに)
通常のバーボンよりもライ麦の比率が多いそうで、非常にフルーティな香りは
バーボンらしからぬ感じを受け、大変上品で滑らかな味わい。
45度ですがストレートでも全然飲みやすく、おすすめです。
へえ、こんなバーボンもあるんだ、って感じ。\1,200/shot

Aug,30,2007 perail fermier

ずいぶん間があいてしまいましたが、久々の更新。
やはりチーズの紹介です。

ペライユという羊のミルクのチーズが入荷しました。
農家製で、無殺菌乳使用。とろりとして優しい味わい、美味しいです。

山のチーズはアルプスから、グリュイエールダルパージュ。
グリュイエールというと料理用やフォンデュでおなじみですが、これは
放牧手作り品で、全グリュイエール生産量の、実に1.5%の生産量しかないのです。

その違いは、どうぞご自分の舌で。

Aug,11,2007 birquettes reuss

新着チーズが届きました。(写真はブログに)
オーベルニュの山で作られる山羊のチーズ、ブリケットリュース。
非常に少量生産の手作りチーズで、まるでデザートのような上品で繊細な味わい。
おすすめです!

他に夏版のモンドールといえるサングレ、生クリームを足してコクを出した
サンフェリシアンアフィネなど赤白どちらのワインでもいける
柔らかチーズが目白押しです。

Aug,7,2007 Aloxe Corton

最近お気に入りのワイン、実は私はアロースコルトンが好きなのです。
決して重いワインではありません、コルトンシャルルマーニュの白が有名ですが
私はこの村の赤が好きです。

二コラロシニョール、正確にはロシニョールジャナールのアロースコルトン2004。\9,000

果実味にあふれ、フレッシュさがあって夏に飲むブルゴーニュとしては実に良いと
思います。シャンベルタンのような重さを求めたら違いますが。

チーズなどをつまみながら飲むとあっという間に一本あいてしまいそうなワインです。
ちなみにロシニョールは、フランスのワイン誌において、ブルゴーニュを支える
未来の10人に選ばれている作り手です、フリーラン果汁のみ使用、
とても自然で私もおすすめ。

July,26,2007 スタッフ募集中

ていうか随時募集はしてたんですが、心の中では。
出来ればこの道に生きていく腹積もりの人が希望ですが、
どういった形であれまずは遠慮なく相談して欲しいと思います。
例えうちで働かないとしてもアドバイスなりできると思います。

July,23,2007 新入荷お知らせ

写真、詳細はブログにも掲載しておりますが、最近入荷は
モルトウイスキーがカリラのカスクストレングス及びロングロウ100プルーフ。
どちらも非常に良い仕上がりです。

そしてチーズはどれも非常に良く、特に夏のみ作られるサレールは
山のチーズの魅力が凝縮された逸品、是非お試しください。
当店に入荷はサレール牛のミルクのみ使用した味わい深いものです。

July,4,2007 あのラタフィアが

実は、まだ開けていないのですが、私の大好きなシャンパーニュ生産者
エグリウーリエのラタフィアが手に入りました。

ウーリエはやはり葡萄が命!といわんばかりのしっかりしたシャンパーニュを
作ってくれます、コトードシャンプノワもびっくりするほどの濃厚な味わいでした。
そのラタフィア、果たしてどんなお味なんでしょうか?まだ開けていないだけで
オーダー入ればいつでもあけますので、ご興味有る方は是非味わってみて下さい。

June,19,2007 二周年終了

お蔭様で二周年ウイークが無事終了いたしました。
来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
また、お花をくださったり、協力してくださった皆様、本当に
ありがとうございました。

私事ですがかつての仲間達が遠くは埼玉、茨城から集まってくれ、私は
なんと恵まれていることかと、改めて感謝にたえません。

三年目は次のステップへの年となるよう、一層がんばりますので、
どうぞ皆様、変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

June,12,2007 二周年メニュー

相変わらずぶっつけ本番なのでメニュー発表は遅いです。
特別メニューの一例を発表します。

イカ墨のリゾット
フルーツトマトの冷たいカッペリーニ
復活のナポリタン
ビスマルク風ピッツア
自家製レバーペースト 夏みかんのコンフィ添え

などなど
また、ミュンヘン本場のソーセージを作ってくれるお店があり、そちらで
ヴァイスブルストという生ソーセージ、及びハーブに漬けた豚ロースを仕入れました。
白ワインに合う、美味しいですよ。

さらに、コラボにてsoyanoプロデュースの小さなスイーツ盛り合わせをご用意。
相変わらずお酒に合う甘味。皆様のご来店、お待ちしております。

June,7,2007 二周年です

今月の13日で、当店も二周年となります。
「まだ二年」ではありますが私にはとても
内容の濃い二年間で、もっと長くやってきたような気がします。

人生日々勉強ですね、お客様、家族、そしてこの仕事に就けたこと、
全ての素晴らしい出会いに感謝を忘れず、精進します。
13日から17日は、二周年ウイークで特別メニューを用意して
気合を入れてお待ち申し上げます。

May,30,2007 五月も終わり

久々に、チーズでしびれました。
もう最近は、ロックフォールもエポワスも、常に美味しいものが
入っていたのであえてお知らせはしていなかったけれど、思わず
号外を出してしまったチーズ、それは・・・

ブリアサヴァランアフィネ アンドルウエ熟成

パリに「アンドルウエ」というフロマージェリーがあります。アンドルウエ一族は
元々チーズに深く関わってきたようです。私もピエールアンドルウエ著のチーズ本を
持っていますし、ピエール氏の父がブリアサヴァランを名付けた事もあり、
アンドルウエとブリアサヴァランは深い関係にあるといえます。
そのアンドルウエで熟成させた限定ものが手に入りました。

トリプルクレムという、クリームを加えて作られる白カビタイプのチーズで
ふわふわ、とろとろ。リッチで高貴な生クリームの如く。
普段のブリアサヴァランとはあまりに別次元の味わい、びっくりしました。
シャンパンを合わせたら天国に行ける事請け合いですね。
あくまでも少量なのでご了承ください。

May,21,2007 六月に向けて

今週はトリッパなど煮込んでみようかと思っています。
六月には二周年があり、その週は普段できない料理にも挑戦してみようと
考えております。
調整中なのでまだ発表できないのですが、実現すればちょっと面白い
コラボも相談中。

May,18,2007 Mojito!

自分なりのモヒート、出来ました。ミントはふんだんにあるので
是非お試し下さい。

ラタフィア追入荷、また、ポートは
サンデマンのヴィンテージ1980追入荷です、おすすめ。
ポートにチョコレートのマリアージュも良いですよ。

今週は牛ほほ肉の赤ワイン煮込みを仕込みました、が、今日一日で
ほぼ完売。ですがまだ数食御座います。ポートワインも使った
自信作、是非お試し下さい。


May,13,2007 カクテルについて

すっかり春から初夏という陽気になってきて、夏が好きな私は帰宅して天気がいいと
寝るのが惜しくてありません。

ミントの葉も元気に伸び、ミントを使ったカクテルも美味しくなってきます。
実は最近はカクテルについてまた考え込む事が多いです。
今まではいかに鋭い味をつくるかというのが自分のひたすら追及してきた所
ですが、最近は甘味、そして優しい口当たりという良さを認識し、今後
どう自分の味を表現していくか、大いなる岐路にまた立っています。

カクテルは砂糖を足せば甘くなって美味しい、というわけではなく、仕上げの
目的によってレシピ、氷の種類、シェイクの仕方、と全てが変化してきます。
なので微調整はできますが味の方向というのは簡単には変えられないものなんです。

May,1,2007 ラタフィア追記 

先月皆様におすすめしていたラタフィアの詳細追記です、
以前詳しい説明ができず、また、間違った解釈がありました、
誠に申し訳ありませんでした。

そもそもラタフィアとは、17世紀位から貴族や富裕層を中心に広まった
自家製リキュールを総称してこう呼ばれたもので、語源は
ratification。条約の批准のことで、外交条約の締結時に乾杯する酒を
こう呼んだのが始まりとされます。

フランスではその後甘口ワインにもこの言葉が使われたそうで、現在は
ラタフィア ド ブルゴーニュとラタフィア ド シャンパーニュが
残っており、どちらも定義的にはヴァン ド リケール(vin de liqueur)になります。
で、先月お出ししたものはポマールの畑からの葡萄ジュース、セパージュは
ピノノワール70、ガメイ30に同じくポマールからのマールを加えたものになります。

仕入先からの説明を一部勘違いしたためちゃんと説明できず申し訳ありませんでした。
これであの色も納得ですね。

ちなみに南仏でよく作られる甘口ワインにヴァン デュ ナチュレルがあり、
こちらはグルナッシュでつくるバニュルスが有名ですね。

Apr,26,2007 フィクサン 

最近入れ替わりの一環で、ちょっとブルゴーニュの赤が少なめになって
いますが、最近のヒットは、レネ ブーヴィエのフィクサンです。
Fixin crais de chene'03 Rene Bouvier/\8,000

コートドニュイの最北の村、マルサネの隣に位置するフィクサンは
マルサネよりさらにマイナーかも知れませんね。マルサネはロゼが知られていたりします。

確かにマルサネ、フィクサンと歩くと、やはりちょっと寂しいイメージがあります、
フィクサンを越えてジュブレシャンベルタンに入ったとたん日照の良い、
程よい斜面の畑が広がり、なるほどこれは力強いグランクリュになるなあと納得します。

でも、ブルゴーニュの魅力は力強さだけではないですよね。私が最もブルゴーニュを
愛する理由は、その繊細で時に謎めいた所にあります。

更に猛暑の2003年、生産者達が皆難しかったと顔をしかめていましたが
何事も逆転の発想はあるもので、私はこのワインは正にその一例じゃないかと
思いました。難しい事を考えずに、飲んで頂きたい。美味しいですよ。

Apr,19,2007 ラタフィア 

ちょっと珍しい、ブルゴーニュのヴァンドリケール(甘口ワイン)、
ラタフィア ド ブルゴーニュが御座います。\1,200/glass

セパージュはピノノワールにガメイが少々入っていて、マールを加えているので
甘口ワインにマールの風味。干し葡萄やプルーンのような香り、色は薄いです。
これはエポワスに合わせたら・・考えただけで胸が躍りますね。

Apr,12,2007 シガー 

ということで、当店も少ないですがシガーをご用意できるように
なりました。
現在、スタンダードなものですが。

コイーバ シグロワン    1,500yen
RYJ チャーチルズ          2,600yen
モンテクリスト NO2        2,000yen
パルタガス セリーD NO4   1,900yen 
パルタガス デラックス     1,000yen 
ホヨー ペティロブスト     1,200yen

が御座います

Apr,10,2007 シガーセミナー終了 

おかげさまでシガーセミナーが無事終了いたしました。
満員御礼、ありがとうございました。

詳細、写真はブログにアップしておきますが、今回は
グリフィンというドミニカ産のシガーを使用し、ポールジローのグレープジュース
からヴェルモット、ヴィンテージポート、コニャックという流れで
マリアージュを楽しんでいただきました。

和気あいあいとお客様同士も交流され、次へとつながる会になったと
思っております。
また、当店でもシガーを置けるようになりました、お待たせしましたという
感じですね。

Mar,15,2007 シガーセミナー 

ついに第二回のシガーセミナーの開催が決定しました。
ずいぶん興味を持ってくださる方も増え、ラブコールも頂いております。
今回は、初めての方、二度目の方双方楽しんでいただけるよう工夫しました。

テーマは、同銘柄の葉巻のナチュラルとマデューロという二種の色違いの
比較テイスティングです。
合わせて、三種のお酒をマリアージュしていただきます。

タバコを吸わない私ですが、シガーの香りにはすっかりはまっています、
是非、経験ある方も初めての方もいらして下さい、火のつけ方から
基本を指導しますのでご心配なく。

日時:4月8日(日) 18:00スタート(大体二時間以内で終わります)
参加費:8,000円(税込み、当日)
定員:10名様
講師:シガーアドバイザー岡峰氏

ご参加申し込み、お問い合わせは電話、メールにて承ります。(contactからメール可)
どうぞご遠慮なく連絡ください!楽しい時間をご一緒しましょう。

Mar,7,2007 試飲会 

ワインの試飲会に行ってきました。
春に向けてのワイン、なかなかの収穫がありました。(写真:ブログ 有楽町で・・)
入荷はこれからですがかなりワインリストが動くと思います、どうぞ
ご期待ください。

Mar,1,2007 チーズ入荷 

三月になりました、心は完全に春ですね。本日チーズが入荷、昨日でほとんど
売り切れたので気分一新です。写真、説明はブログ3/1 les fromagesにて紹介。
山羊のチーズが美味しい季節、白ワインの品揃えも考え中です。リースリングなんかも
良さそうですね。

Feb,18,2007 春メニュー 

庭の大きな紅梅が咲いています。一番好きな花なので嬉しいです。
お客様に写真を見せたら、「これで酒飲めますね・・」その手があったかー!
(写真:2月ブログ 梅)

菜の花のぺペロンチーノはじめました、でも料理は日替わりなので
仕入れにもよります。チーズはフランス産のラクレットが濃厚な旨みで
一口食べるとハイジのおじいさんの顔が浮かびます。

面白いモルト入りました、アイルオブジュラのsupersutition \1,000/shot
ジュラでは4月にピートを取ると不吉という迷信(supersutition)があるらしいです。
これは、その4月にとったピートで作ったというウイスキー。(写真:2月ブログsuperstition)
色はかなり赤っぽくてちょっとわざとらしいですがピートの香りがしっかり、
まるでアイラのよう。飲むと柔らかく、チョコレートのような心地よい余韻、
ストレートでも飲みやすく、おすすめです。

Feb,13,2007 春に向け 

本格的な寒さが来ないのでかたくなに拒んできたのですが、昨日鮨屋で
ふきのとうの天ぷらやウド等に舌鼓を打ち、春メニューに切り替える
踏ん切りがつきました。

明日から試作をして順次パスタなど取り入れていきます、また煮込みは
牛肩肉のギネス煮込みを週末に向け仕込みます、お楽しみに。

今おすすめのワインですが、モンジャールミュニュレのブルゴーニュ
これはなかなか良いです。グラスで出したりもしていますが割とお手頃値段で
しっかりした果実味と程よい飲み応え、気が付くと一本飲んでた・・みたいな
ワインですね。Mongeard Mugneret Bourgogne pinot noir'04 \6,000

モルトはかなりマニアックですが、リンリスゴー・・と表記してありますが
これはセント・マグデランです。1982年蒸留の23年熟成、無ろ過のカスク、
ボトリング本数は196本。リンリスゴーは町の名です。(写真:2月ブログsuperstition)
1983年に操業停止、貴重なローランドのストックであり、思わず手に入れました。
華やかな香り、メープルシロップのような甘味、素晴らしいウイスキーだと思います。
linlithgow 23years \3,500/shot

Feb,2,2007 二月です 

早くも二月になりました、この冬は寒くないですね、ここらで雪でも降らないと
知らぬ間に通り過ぎてしまいそうな冬。

冬は日本酒が美味しいですが、ウイスキーも良いですね、近いうちに新着ウイスキーが
お目見えしますのでお楽しみに。

チーズも来週また入荷あると思いますが今もかなり状態良し!です
早くも残少ないですがコルシカの羊ウオッシュ、ウ ベル フィウリツ
これはかなり通好み、皮に食感がありコクのある味わい。
そしてイチゴに合わせてブリアサヴァランのフレッシュを取ってあります。
上品で、女性にもおすすめの食べ方。
これからは、少し甘口ワインを強化したいなと思っています。この間
1971年のシェリー、ペドロヒメネスを飲みましたが唸るほど美味しかったです・・

Jan,21,2007 チーズ情報 

新年になりチーズのアイテムは少し抑え目にしています
理由はできるだけ良い状態でお出しするため。
新入荷のエポワスとシャウルスは大変良い状態で、出来るだけ
早くおすすめしたいです。シャウルスにはイチゴを添えておすすめ
しています。また、山羊乳のクロタン ドゥ シャヴィニョルも
白ワインやシャンパーニュと合わせても良いのではないでしょうか。

冬に白ワイン、これもいいですね・・私が正月に家で楽しんだのも
白でした。ワシントンはKヴィンヤードのヴィオニエ、美味しかったです。

・・飲みたくなってきた

Jan,9,2007 正月休み 

今月の14日〜16日の間、遅い正月休みをいただきます。
台湾にて食べて、飲んでリフレッシュしてくる所存です。
年末から新年とやはりワインが圧倒的に多く、特に
ボルドーが人気でしたね。

飲み頃ワイン、今のおすすめは手ごろで美味い!シャトー ラネッサン’97
オーメドックですが、内容的には格付けが堅いと言われ、私的に
コストパフォーマンスのとても良いワインと思っています。\6,000/bottle

クロ デュ マルキ’97やガフリエール’90も今飲んでとても
美味しいと思います、残り僅か、お勧めです。

Dec,31,2006 謹賀新年 

本日の営業で年内最後となります、今仕込みを終え
ゲストのいらっしゃる前に書いています。

本当にいろいろな事がありました、今年の後半半年は
一人で営業しており、さまざまな人の助けを借り、励ましを賜り
無事年越しを迎えられることを有り難い有り難いと感謝の日々でした。

素敵な出会い、再会があり、たくさんの楽しい宴があり。そして年の瀬になり
とても辛い別れもありました。

まだまだ不惑には遠い若造ですが、生きて新年を迎えられることのめでたさを
師走が深まるにつれ心身で実感し、疲れた体でも普段の景色が段々
美しく見えるようになっていきます。空気が澄んでいるだけでしょうか?

そんな時、ふと頭をよぎる一節は what a wonderful world
最後の所だけ簡単に訳して締めの言葉とさせていただきます。
新たな年が、皆様にとってより良い一年となりますように。

私は赤子の産声を聴く
私は子供達の成長を見守る
彼らは 私よりもはるかにたくさん学んでいくのさ
そして私は 一人つぶやく
なんて 素晴らしい世の中なのだろう

Dec,17,2006 クリスマスメニュー 

 すっかり遅くなってしまいましたが、クリスマスメニューがスタート
します (12/18〜12/25)。

 仕入れの関係によりますが、水牛モッツァレラのカプレーゼ、
生うにのスパゲッティー二 レモン風味、牛ほほ肉の赤ワイン煮などの
スペシャルメニュー。そしてチーズは旬のモンドールをはじめワインや
シャンパーニュに合うものを多数用意。シャンパーニュの品揃えも増やし、
ブルーノパイヤールは特別価格でご用意する予定です。

 また、ワインも80年代の飲み頃ボルドー、88年シャススプリーンや
89年カロンセギュールをはじめ新入荷多数でお待ち申し上げます。

年末、そしてクリスマスのひと時を美味しいお酒とフードで
幸せにすごすお手伝いができれば幸いです。

Nov,28,2006 速くなりました 

お蔭様で無事PCの通信が速くなりました。ちょっとびっくりです。
今までがありえないと担当には言われました。

ここから年内は無休ですので、病気などせぬよう願掛けも含め
最後の休みはパーッと飲んできました。
最初は一人で某バーで飲んでいたのですが、ハーパーというバーボンを
ちょっと見直したりする機会があり、やはり外で刺激を受けるのは
いいなあと思いました。素敵な友人達と、とても楽しい夜でした。
後、上記文中のカタカナがライム(韻)になっているのは偶然です。

前回紹介できなかったモルト紹介、サウンドオブアイレイ カリラ14年
シェリー樽仕上げ。無加水無ろ過。これは飲み応えあり、旨いです。
現在一番人気でしょうか、おすすめいたします。\2,000/shot
12月には冬のチーズ、モンドールもお目見えしましょうか、ワインが
美味しい季節ですね、なぜか白も良く出ていますが、冬に飲む白も
いいものですよ。

Nov,21,2006 IT革命失敗 

 前回予告しましたモルトなのですが、なかなか良いのが手に入りました。
クーパーズのローズバンクは度数も46度と丁度良い感じで色あいも濃く、
シェリー樽仕上げの香りがとても魅力的です。そしてGMのスキャパは
かすかな潮と繊細な甘さのある味わい、こちらもシェリー樽。どちらも
\1,500/shot。ほかにも動いています。

 ワインもかなり動いてますが定番商品はキープできているものが多いです。
チーズはブルゴーニュのウオッシュ、スーマントランが通好みの味わいで、
その他マールの絞った葡萄をまとったトムなど冬向けの
美味しいものが入って来ています。

現在パソコンの環境を変えているのですが、実は全く素人なので
考えるほど簡単ではないですね・・頑張ります。

Nov,9,2006 新着ラムお知らせ

 もう冬ですね、何かに負けるようで嫌だったのですが
バイクでついにマフラーをしてしまいました。
ちなみに私は襟巻きと言ってしまいますが最近はあまり
言わないのでしょうか?カメラも写真機と言ってしまう事が多い、
というかカメラさえ減ってるのか?いや、本当にどうでもいい事ですね。

 シガーセミナー、大変和やかに楽しく行えました。参加してくださった方々、
そして講師に感謝です。カヴァ、バルバレスコ、ポールジローEXヴィユーの
三種のお酒と二種の葉巻をテイスティング。タバコを吸わない私は上手く吸え
ませんでしたが大変興味深かったセミナーとなりました。
近く写真をアップできるように計画中です。

 新着はラムで、ちょっと高価なのですが、ロン サカパ XOが入りました。
ちょっとぜいたくな気分でブランデーのように楽しんでいただければと思います。
今月はモルトも動くと思います、どうぞお楽しみに。\3,000/shot

Oct,19,2006 新着モルト

 シガーセミナーは後1〜2名様ほど枠があります、ご興味ある方は是非
ご参加いただけますようお願い致します。

 最近は新着ワインも多かったですが、特に印象に残ったのはまず
Domaine Sabre /ドメーヌサーブル
 ブルゴーニュピノノワールの2004ですが、有機栽培で名高い
フィリップ パカレが手がけるワインです。以前違うヴィンテージの時に
感じた通り、鮮烈と言える果実の力は一口飲むと強烈なインパクトを与えて
くれます。けして重たいというワインではないと思いますが、大変注目している
作り手です。まだ手に入れば近くオンメニューします。

 さて、最近はモルトを飲まれる方も大変多いですが、良いモルトが
入ってきてますのでお知らせです。
まずはケイデンヘッドのグレンクレイグ。グレンバーギで58年から81年まで生産
されていたもので、最後の蒸留年81年の原酒。19年熟成になります。
とてもきれいで、花のような甘い香り、57度あるとは思えない柔らかさ。
そして入りました、マッカランレジェンド14年。昔のマッカランの味を
イメージして作られたと言われ、シェリーカスク仕上げの甘く、コクのある
味わいと余韻はさすがとうならせます。どちらも2,000円/shot
 グレンマレイも入りました。ロワールのシュナンブラン樽フィニッシュ。
つまり白ワインの樽での仕上げです。食前酒にいいですね、きれいです。
1,200円/shot
ワインの美味しい季節になってしまいましたね・・

Oct,6,2006 シガーセミナー

凄い雨の金曜日、大変ブルーです・・
ですが8日の日曜にはジャズプロムナードもあるし、
気を取り直して参りましょう。

この度シガーアドバイザーの岡峰氏を招き、シガーセミナーを
開催することとなりました。キューバまで訪れた氏に
葉巻の基本を教えていただく良い機会と思っておりますので
興味のあります方は是非にお申し込みを。

10月29日(日)18:00〜
テーマ:ワイン、ブランデーと葉巻
会費:8,000円
質問、お申し込みはメール、電話、来店どれでも結構です
人数は8名様まで、少ないのでどうぞお早めにお願いします。

Sep,28,2006 新着

やけに潔い夏でした・・私も夏は去ったと認めざるを得ません。
そして、赤ワインが人気を取り戻して参りました。
今回は秋の新着、ちょっと本数が少ない為リストには載らない物が
多いのですが、レ フィエフ ド ラグランジュの93が届きました。
以前の96年も大変楽しめて、もう少し前のヴィンテージを飲みたいなと
いう要望もあり、これは楽しみにしていたワインの一つです。
Les Fiefs de Lagrange 1993 \12,000

その他ミシェル マニャンやジャンリケール等が少量入荷、また、
グラスワイン用にパストゥグランも入りました。

今週末はカマンベール ド ノルマンディーとよく合う洋ナシとリンゴの
ジャムや、水牛のモッツァレラ等、軽いおつまみも登場予定、秋には
皆さん是非ブランデーにも挑戦してみていただきたいと願っております。
それでは、素晴らしい食欲の秋を。

Sep,11,2006ポールジロー

既に秋の気配を感じるこの頃、風邪を引いている方もいらっしゃる
ようで、どうぞお気をつけください。

私は、先週、初の来日を果したコニャックの作り手、ポールジロー氏の
セミナーに行って来ました。
スライドで美しい村の風景、畑や蒸留の様子などを見ながら詳しく
説明をいただきました。お酒というのは農作物と言う言い方もされますが、
畑から自分で作業し、手摘みで収穫しという作業を見ると、正に
言いえて妙という気がしますね。そして私が何よりも感銘を受けたのは、
あれだけのコニャック生産者として名が在りながら、私はファーマーです、
という態度であることでした。人柄も柔和で、通訳がいるので仏語で良いと
思ったのですが一生懸命英語で説明してくれ、最後に拙い英語ですいません
でしたとコメントするあたり、私はとても好感を覚えました。やはり
良い作品は謙虚な姿勢から生まれるということでしょうか。

お酒のほうですが、エグリウーリエのブリュットはしばらく入ってきません。
代わりに新入荷は、セルジュ マチューのロゼ ブリュットになります。
秋に向け、ワインもそろそろ盛り上がって来そうですね、フルーツが美味しいので
最近はフルーツカクテルもおすすめしたりしてます。
いろいろメニュー変換期です、どうぞお楽しみに。ちなみに
今週の煮込み料理は塩漬け豚バラのシュークルートです。

Aug,29,2006おすすめ

まだまだ暑い盛りですが去るのも早いのが夏。皆様
今の内に是非楽しんでくださいね。私は海に行きたいですが
なかなか時間が取れず、せめてプールで泳ごうと画策しています。
ちなみに、飲んで海に入ると危ないからご注意を。

9月は事情あって休みの日が多くなってしまい、申し訳無く思っています。
それでも開けられそうな日にはやってきて開ける努力をしますので
どうかご容赦くださいませ。

新着の情報です。チーズはカナリヤ諸島の山羊のスモーク、グランハテイソル
これはかなりいけてます。ウイスキーなどのスピリッツにも良く合いますよ。
赤ワインにはエポワスが熟成ピークです。
今週末メニューでは、豚バラのプラムソース煮というのを仕込んでいます。
どうぞご期待下さいませ。牛スジの煮込みも御座います。

Aug,19,2006 真っ盛り

正に夏、真っ盛りですね。だけど都市部で盛夏というのは
あまり喜ばしくないものです、やはり夏は海、山、田舎ですかね。

私も今週初めに三日夏休みをいただき、南会津の山村へ行ってきました
友人がいるので恒例の行事なのですが、酒好きの連中で乗り込んでは
昼から自然を満喫しつつ飲む。温泉に入っては飲む。夜はバーベキューで
飲む。盆踊りしながら飲む。踊り終わって飲む。花火で飲む。という一日を
過ごし、心身の疲れを落としてきました。ついでにデジカメも落としてました。
今年は昼にイワナ、ヤマメを釣るというイベントがあり、イワナの
お造りを食べるというレアな機会を持ちました。淡白で、海苔のような、
藻のような風味を感じました。

さすがに今は赤ワインがあまり出ず、シャンパンやグラスの白が多いようです、
お盆で当店の品揃えもやや少なくなっています。後は、カクテルの他
モルトが非常に良く出ています、どちらかというと冬のイメージがありますが
意外といえば意外ですね。
今回ご紹介しますのは、パンペロというヴェネズエラのラム。こちらの
スタンダードなものも美味しいですが、ヴァンダイクというオランダの
会社の製品、そしてリキッドゴールドというスコットランドの製品と
二つのボトラーものが今入っており、どちらも美味しく、おすすめです。
夏にラム、いいですよ。海でも見ながら飲みたいですね。

July,26,2006 夏が来ます

なんとも天候不順だった7月、皆様体調は大丈夫でしたでしょうか?
私も忙しかった事もあり、しばらく快眠できずちょっと調子が悪かったり
しました。しかし今はもう復活です、やはり体が良くないとお酒が
美味しくない・・でなくて良い仕事ができないですからね。

最近はカクテルが良く出るようになりました。天候なども関係して
いるのでしょうか、こちらも研鑚を重ねなければと思っております。
ワインですが、前回フリだけしておいた物を紹介します。
ジェラール サガンという作り手なのですが、これが今お気に入りです。
二種のキュヴェがあり、両方ACブルゴーニュなのですが、片方は
ジュブレ シャンベルタン、もう一方はシャンボールミュジニーと
生産畑が分けられており、それぞれの村のテロワールの違いを楽しむ
ことができるのです。しかもACブルゴーニュなので村名付きに比べ
かなりお手頃な値段というのが魅力。以前グラスで試してもらった
時も、お客様に大好評でした。おすすめです!
Gerard Seguin Cuvee Gerard 2001
              Cuvee Chantal 2002   各¥7,500

July,16,2006 スタッフ募集中

一周年、ワールドカップ、そして7月から一人で営業と、
ちょっと立て込んでいた最近、更新も久しぶりです。
トップにもあるように、アルバイト募集中です、週末だけで
OK,性別経験不問なので、お気軽にお問い合わせをお願いします。

ワインは、ブルゴーニュでお気に入りの物が登場しますが、
それは次回のお楽しみとしまして、今回は営業のお知らせ。

今月は休み無しで営業しますが、22日(土)のみ外せない
用事のため、20時オープンになります。あとは今までどおり、
日曜は0時を目安にクローズします。

8月はお盆を含めお休みをいただきます。7月後半に入りましたら
お知らせいたしますのでどうぞよろしくお願いします。
それでは皆様暑さに負けず、楽しいお酒を。
ああ、テラスでイタリアの爽やかな白が飲みたい・・
(つまみは夏野菜のフリットと鮮魚のカルパッチョ)

June,20,2006 一段落です

18日日曜をもってひとまず一周年記念ウイークも
一段落しました。
顔を出してくださったお客様、お忙しい中わざわざ
いらしてくれた近隣のバーの方々、電話をくださった方々、
本当にありがとうございました。この場を借りて改めて
御礼申し上げます。

さて、日曜の様子ですが、結局二試合めの
ブラジル、オーストラリア戦まで見ることになり、朝まで
ワイン漬けの当店でした。
その中のワインのレポートを少々。
シャトー ダルマイヤック1995 CH.d'Armailhac 1995
デキャンタ無しでゆっくりと楽しんでいただき、充分に
開いてくれたと思います。ダルマイヤックはとてもきれいな
印象のワインですが、素晴らしい香りと飲み口でした。
もう一つ、
ピュリニーモンラッシェ1990 Puligny-Monrachet1990 Bouchard P&F
90年のピュリニー。枯れた感じがあり、抜栓直後は香りが
出ませんでしたが温度が室温に戻っていき、空気に触れると次第に
まるで蜂蜜のような香りが非常に繊細に、美しく出て参りまして
なんとも幸せな時間を頂きました。

どちらも、ご相伴に預かってしまいましたので僭越ながら
ここに紹介させていただきました。ごちそうさまでした!

June,14,2006 一周年

13日をもって丁度一周年を無事迎えることができました!ありがとう
ございます。ウイークにしたので入れないことなども無く、ゆっくり
楽しんでいただけたかと思います。
来て頂けるだけで本当に嬉しいですが、更に
素敵なお花、素敵なグラス等を下さった方々、本当に
ありがとうございました、とても嬉しいです。

さて、まだ一周年ウイーク中でして、何しろ初の事、どういう
流れになるか読めませんが、プロシュート美味しいです。
そして殻付きへーゼル、南伊産ブラックオリーブなど美味しい
おつまみと、チーズはブルゴーニュのマールでウオッシュした
エポワスがとろけてお待ちしています。
そして18日の日曜は対クロアチア戦、負けられない勝負を
みんなで応援しましょう。店内で放映します。

may,31,2006 来月で

本日で五月も終わりですね、GWの忙しさ、とても良いチーズや
新着ワインとの出会い、池のカエルが巣立って行ったりと
いろんな事があった気がします。
そして6月で当店も一周年を迎えます、たった一年ですが素敵な人々に出会い、
助けられ、なんとか歩んで来れました、誠に感謝に耐えません。
一周年を期に少しスタイルも変えてゆきます、7月からは営業時間を午前3時までと
変更する予定です。

来月12日からは一周年ウイークと言う事で、プロシュートの美味しいところを
丸で入れ、チーズも楽しんでいただけるよう計画しています、どうぞお楽しみ
にしてくださいませ。

6月12(月)〜18(日)一周年記念ウイーク

may,20,2006 梅雨の如し

はっきりしない天気が続きますね、湿気が多く、雨は
あまり好きではありません。逆に良い天気過ぎると
寝るのがもったいなくなり妙にテンションが上がって
困る事もあります。

気温が上がってボルドーが出なくなるかと思えば、逆に
最近ボルドーが多く出ています。面白い物でこう触れる機会が
多くなると、やはりボルドーは美味しいなあとまた改めて
感じてしまうものですね。

今は少量でリストに載せてないですが、新着ワインが結構
入って来ています。ローヌの生産者グラムノンの2005年
ヴィンテージは、多分今あるだけしか入手できないかと思います。
以前グラスで使用し人気だったカルヴェ テュヌヴァンは
現在ハウスワインの赤、リーズナブルに美味しく飲めるワイン
としておすすめしています。南仏のセパージュですが
重過ぎないのが良いですね。

may,7,2006 GWも終わりです

GWも今日で終わりの日曜です、皆様良い休暇を過ごされたでしょうか?
当店は休み無く通常営業でしたが
休み期間を利用して足を伸ばして遊びに来てくださった方も多く、
忙しくはありましたが大変楽しいGWでした。

GW中はボトルよりもグラスワインが需要が多く、これはこれで
面白いなと、新鮮な感じでした。ボルドー、ブルゴーニュ、
ローヌなど色々楽しめるのが軽く飲まれる方、お一人の方などには
良いのかもしれません。現在残り僅かですがアルザスの
ゲヴルツトラミネールのヴァンダンジュタルディブという
デザートワインがグラスであり、これは是非おすすめしたい
ワインです。ロックフォールなどと合わせていただいても最高です。

また、モルト、グラッパ、カルヴァドスの新着も入りました。おいしい
チーズにマリアージュの幸せが増えることと思います。

Apr,26,20064月も終わり

間もなく4月も終わりますね、私事ですが誕生日を祝って下さった方々、
改めてありがとう御座いました。立派な大人になるよう一層
努力します。

4月は前回お知らせした新着ワインもご好評いただき、また、
アンヌグロのキュヴェマリーンが2004になったり、
(美味しいです)シャンボールミュジニーなど
以前からのワインも味わってもらう機会が多く、私自身も改めて
定番ワインを見直すことができました。

チーズに関しては今は山羊や羊が良いものが多く、それらに
合わせておすすめなのが、まず
Ch.de Rochmorin'99 \6,000 こちらボルドーはグラーヴの
ペサックレオニャンですが、とてもマイルドなワインで今の
優しいシェーブルなどに合わせて楽しんでいただきたいワインです。
そしてMarange'04 Hubert Lamy \6,500
 ユベールラミーのマランジェですね、ちょっと固いかなという感じも
ありますが飲み応えもあり、春に楽しめるワインとして新着のおすすめです。
また、リーズナブルな赤、白としてアンリ ドラグランジュが入っております、
こちらも春向けのブルゴーニュ。是非、お試しください。

Apr,7,2006 新入荷アイテム

しばらくになりましたがそろそろ新入荷ワインが
入って来ましたのでご紹介させていただきます。

まずは南仏ルーションから、ドメーヌ ポシブルの
C'est pas la mer a boire 2004 (\7,000)
葡萄はグルナッシュ主体で、非常に濃い果実味と、イチジクなど
の果実の香り、変な濃さが残らず、思わず楽しくなるような美味しい
ワインです。

白はマルタン シャゼルがおすすめ。アルザスの作り手で入ってきた
ばかりですが、どれも非常なクオリティ!ぜひこの機会にアルザスを
体験してください。
Pinot Gris 2004 (\6,800)
アルザスではトケイとも呼ばれるピノグリによるワイン。シャルドネの
ような酸はなく、最初にやや甘味を感じ、ふくよかなあじわいと
飲み口。甘口と言うわけではないですが白ワインといえば辛口と
定着してしまった感のある現在、こういったワインを是非楽しんで
いただければと思います。

今回はこの二つの紹介ですが、続々新顔が参ります、どうぞ皆様
お楽しみに。

ちなみに、カエルの卵は昨日、無事におたまじゃくしが生まれました。

Mar,22,2006春のワイン

すっかり春めいてきたこの頃、如何お過ごしでしょうか。
私事ですが今朝、庭の小さな小さな池を見たら、なにやらとぐろを巻いた
物体が・・思わず一瞬引きましたがそれはどうやら
カエルの卵ですね。ヒキガエルでしょう、どこにいたやら。
子供の頃以来なので確かに見栄えはかなり悪いものの、
これが孵っておたまじゃくしに
なるのを見たくて、ちょっと楽しみができました。

さて、ワインリストは目下季節の変わり目につき変更中で、
特に白ワインはかなりアイテムの変更があると思います。
近日入る予定なのはアルザスのトケイピノグリや南仏マルベック主の
ワイン等個性的な白。ゲヴュルツも良い物が来月には入るはずです。
赤は南仏の物主体で新入荷が数種あります、お楽しみに。

四季のある日本ならではの、季節に合わせたお酒の楽しみ方。
こんな風にこれを飲んだら美味しいのでは?と常に考えていますが
それは仕事であると同時に大いなる愉悦でもあります。
もうすぐの花見というのもその代表ですね。桜を肴(言い訳?)に
戸外で酒を楽しむ。とても楽しいものだと思います。
はめをはずすのも大変結構ですが、寒い冬が終わり、花の下で友と
杯を交わす喜び、色々な感謝を込めて乾杯したいところですね。

Mar,11,2006梅が咲きましたね

いや、酒と関係ないですけど・・商売やってる人には忙しいこの時期、
鎌倉に梅を見に行かねばとあせっていたある朝。
昼起きて窓を開けたら庭に見事な紅梅が・・(去年引越したのです)
ああ、幸せは足元にあるのだと、青い鳥のお話が頭をよぎりました。
でもそういえば昨夏庭の梅で梅干を漬けてたような気が・・
ボケてるだけですね。

さてお酒の話
暖かくなってきたせいか、重いボルドーよりやはりブルゴーニュが
人気です。さら白も強化していきます。今のおすすめは残り三本ですが
ドメーヌギヨンのサヴィニー レ ボーヌ 2001 ¥10,000
飲み応えもあり、尚、疲れない味というか、そのナチュラルな美味しさは
ギヨン全般に共通する気がしますね。
チーズは山羊、羊も旬のところが美味しく、現在食べやすい物を中心に
揃えるようにしています。

Feb,22,2006カンフォート入手

今回はカクテルの話題です。ジャックターという元横浜オリジナルの
カクテルをご存知でしょうか?ロンリコ151ベースにサザンカンフォート、
ライムジュースを使う度数の強いカクテルですが、そのサザンカンフォート
というリキュールが以前35度だったのですが現在21度になり、私の
好みの味としては物足りなく思っていたところ、手に入ったのです。しかも
50度が。

アメリカ海兵の友人がこの間日本に来たときみやげに持ってきてくれました。
久々にこれで作ってみると、いや、いいですね。
ガツンとくる味、これこれとご満悦です。
まあ、カクテルの味の好み解釈は人それぞれですのであくまで
私個人の話しですが、興味ある方、是非是非試してみてくださいね。

ワイン現在入れ替え中。精力的に試飲会などチェックしております。

Feb,16,2006そろそろ春ですか

少しづつ春の足音が聞こえて来ましたね、春が来るのは嬉しいけれど、この季節
梅の便りを聞くと、何かを忘れているような気がしてとりあえず梅を見なければと
ちょっと焦ります。

さて、チーズも春の便りです。コルシカ島やスペインのカナリヤ諸島あたりからは
もう山羊や羊のチーズが届いています。本日入荷しましたのは、カナリヤ諸島
テネリフェ島、グランハテイソルというチーズ。テネリフェーニャという山羊種の
濃厚なミルクは、きつい酸味のある山羊チーズとは完全に一線を画しています。
さらに、サボテンによるスモークがかかっており、どことなく、テキーラ?
みたいな風味も?良いテキーラに合わせて見たい気もしますね。
また、カブラレスという世界一強いと言われるブルーもあり、自分の中では
ちょっとしたスペインフェアを楽しんでおります。ワインも今は入れ替わりが多く、
リストが落ち着いたら差し替えますが現在のリストと内容が変わっていることを
どうぞご了承ください。

Feb,2,2006 カロンセギュール

来る2月14日はヴァレンタインですね、そもそもバーにはあまり
関連の無いイベントだと思いますが、そうだ!カロン開けよう
ということで、かこつけて、カロンセギュール1997をその日に
グラスでお出しします。ベタですが。
意外と飲む機会が少ないのではないでしょうか?
この機会に一度お試しいただければ幸いです。
また、カップルの方にももちろんおすすめです。
限りがありますので、なるべくご予約いただけますと幸いで御座います。

また、ミラベルのウオッシュチーズ等新着チーズ2月4日入荷。今週末の
おすすめメニューはアンショワードとジャガイモ¥700、
ビーフストロガノフ¥1,200等。

Jan,27,2006 新着情報

前回お知らせしたギヨンと同時に、いくつか新着ワインが入りまして、
特に面白いものが、ルネミュールのクレマンダルザスの97年\7,500
こちらは、昨年からミュスカなどで当店でも人気を博していたコスト
パフォーマンスの高い作り手ですが、このクレマンは仏タイユバンで
オンメニューされているという情報で、興味をそそられるところですね。

やはり今は圧倒的に赤が出ますので、それに合わせたチーズも本日
入荷です。ブルゴーニュからウオッシュのサンフロランタン、
ロックフォールと同じ産地の羊チーズ、ペライユ。こちらは
冬から春、旬のチーズです。また、アルプスの
手造りチーズなどなど。どうぞお酒とのマリアージュを楽しみに
いらしてください

Jan,20,2006 間もなく新着

大寒というだけあって冬らしくなりました。冬は寒く、夏は暑いのが
好きなので結構なのですがやっぱり寒いですね・・
でもお酒は今が美味しいのかも

ここの所メニューは小さな変動が多くお知らせをしていなかったのですが
予定のものも含めて簡単にご紹介します。
まず、ドメーヌギヨンのブルゴーニュルージュ2003が近く
入荷予定。比較的リーズナブルで、ナチュラルな美味しさのワインです。\7,000
次に、これも近く追加入荷予定ですが、二コラロシニョールのボーヌ2002
凝縮した果実味、滑らかな喉越しの力あるブルゴーニュで好評です。\9,000
更にチーズも季節のものが近々入荷予定、どうぞお楽しみに。

また、モルトでは新入荷のウイルソンモーガン リンクウッド\1,200がおすすめ。
上品な甘さのきれいなモルトだと思います。
それでは、入荷予定の物落ち着きましたらまたご紹介いたします。

Jan,4,2006 明けましておめでとうございます

大晦日はずいぶんと盛り上がってしまいまして、結局朝皆で伊勢山にお参りに
行く事に。三が日はお店を休ませていただき、正月を満喫させて
もらいました。

今年は新たにチャレンジしたい事もあり、自分自身をより
磨いてよりよい仕事ができるよう努力します。前へ、前へ。

12月20日 メリークリスマス?

初のクリスマスってことで、どのような流れになるか未知数ですが、
大沢の生牡蠣、牛ほほ肉の赤ワイン煮、鮮魚のカルパッチョ 
ゲランドのフルールドセルで、そしてシャンパンのジュレと栃乙女の
小さなパルフェと、スペシャルフードをご用意してみました。

そしてワイン、特にシャンパーニュ強化!それぞれ個性あるシャンパーニュ達を
この機会にじっくり楽しんでいただければ最高です。
本数少ないですが、シャルドネしか作らないシャンパンメーカー
ピエール ジモネのハーフボトル\6,000 も入荷しました。

思えば子供のころから自分ではあまりクリスマスというのを味わった記憶が
ありません・・仕事を始めてからはクリスマスは休めないという
印象しかありません・・飲食業の運命ですね
でも、お客様が幸せな時間を過ごしてくれることが私にとっての
クリスマス。皆様、メリークリスマス、そして良い年末を。


12月16日(金) 初の年末です

急に寒くなってしまいまして、皆様風邪などひいておられないでしょうか? という私が早速調子崩しましたが早めの対処で事なきを得ております、 なにしろワインの味が解らなくなるのは仕事でも個人でも辛いところなので・・ さて、そろそろ牡蠣が美味しくなってきました。二週ほど入れていません でしたが本日入荷、期待したとおり11月よりかなり身がよくなり美味しい ですね。 グラスシャンパンは新入荷、アルザスのリースリング100%による EXTRA BRUT を開けてみようかと思っています。ワインでも モルト、ジンなどでも美味しいのが牡蠣の良いところですね クリスマスに向け特別料理も作っておりますので是非皆様足を お運びくださいますようお願いします

11月27日(日)Bruno Paillardを味わう会

Bruno Paillard Brut Premiere Cuvee N/V 及び Bruno Paillard Blanc de Blancs 1995を味わう会を開催しました。 生牡蠣やシャンパーニュ地方のチーズ、イベリコのハム等との マリアージュを試して頂き、参加した皆様は思わず無言になってしまう 堪能振りで、大変楽しんで頂けたものと思っております。 身近なようで意外とその本当の美味しさを知らない方が 多いのではないかと思われるシャンパーニュ、特に良質の ブランドブランの楽しみは、より多くの方にファンに なって頂けるものではないかと思います。 ちょっと高価なのが痛いところですが・・ ごく簡単に今回のお酒の紹介をしますと、ブルーノ パイヤールは 最も新しいシャンパンメーカーであり、1981年、現社長が27歳の時から 作り始めたそうです。ジョエル ロブション氏とも親交が深く、大変真摯な 作り手と私は思っております。プルミエールキュヴェはそのメイン商品で、 大体シャルドネ33、ピノノワール45、ピノムニエ22のセパージュ。 瓶内で3年ほど寝かせ、澱を除いた後7ヶ月おいて出荷。これは大変長い期間ですが、 それだけ熟成による味わいを大切にしていると捉えてよいのではないでしょうか。 ブランドブランはシャルドネ100%、グランクリュの畑の葡萄のみ使用。 95年は大変日照が良かったそうで、それによってこの甘味とふくよかな香りが 際立つのでしょうか? 来年からこういった楽しんで勉強できる機会を定期的に設けて行きたいと 思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

10月 旬のチーズ、モンドール入荷

すっかり寒くなってまいりまして、当店では初の冬支度に追われる日々です。 この季節には、毎年私が心待ちにしているチーズ、モンドールが入荷します。 エピセアというモミの木の一種の枠に入れて熟成され、とろとろの状態をすくって、 またはパンにのせて軽く温めていただくチーズ、これを食べるとああ冬が来るなあ と思います。 ワインでは今の一押しはルネ ブーヴィエという作り手。マルサネに本拠を置く 生産者で、やはりそのマルサネは飲み応え、香り、非常な満足感と力強さを持って います。ブルゴーニュの他の村に比べ比較的知られていない村マルサネですが、 これを機会に是非お試しいただきたいと願うところです。また、こちらのクレマン もコストパフォーマンスの高い逸品です。 クレマンドブルゴーニュ ルネ ブーヴィエ \6,500 マルサネ シャン サロモン 2002 ルネ ブーヴィエ \8,000